今すぐFXをはじめる
一番人気のFXブローカーにて、簡単2分の手続きですぐにFX口座を開設できます。
FX

レバレッジの意味をわかりやすく説明する

レバレッジってなんやねん!
レバレッジって借金になるの?

そんなレバレッジに対する疑問についてお答えします。

 

レバレッジを超簡単に説明すると

レバレッジについて超簡単に簡潔に説明すると、「資金の最大○倍の金額を取引できる仕組み」です。いろんな人がブログやサイトなどで紹介しているのは、「てこの原理」で表現されています。

○倍については、国内FX業者なら一律25倍です。「資金の最大25倍の金額を取引できる仕組み」。

10万円の資金をFX口座へ入金したのなら、10万円の最大25倍の250万円分の金額の取引が可能になるわけです。

FXは通貨売買なので、1ドル100円を1万通貨取引するとした場合、100万円のお金が必要ですが、最大25倍なら10万円の資金でも250万円分の金額が取引ができるので、「1万通貨(100万円分)の取引可能」となるわけです。

 

なぜ資金の25倍の金額を取引できるのか?

なんで資金の25倍も取引できるの?借金してるの?

そう思う人が多いのですが、まず誤解のないように先に伝えますが借金はしていません。

「じゃぁ借金していないのになんで資金の25倍も取引できるの?」って思うかもですが、これについては、そういうものなんだと理解した方が頭がスッキリします。「1+1=2」のようにもうすでに決まっているルールです。

 

差金決済取引がレバレッジ取引を可能にする

「レバレッジは資金の○倍取引できるっていうのをもっと理解したい」「さっきの説明じゃ納得できない」という人向けにもっと詳しく説明すると、FXは差金決済取引という仕組みのためにレバレッジを提供できるようになっています。

差金決済取引とは、決済した金額だけをやり取りする取引です。実際のお金を用意しなくても、決済した差額だけを受け渡しするのです。

 

例えば、1ドル100円を1万通貨売買しようとするならば、100円×1万通貨=100万円が本来なら必要です。両替と同じですね。100万円分をドルに両替したいなら、100万円ないと両替できないのは当たり前です。

そして、1ドル101円になったときに、1万通貨の1万ドルを日本円に戻すことで、101万円になり、差額の1万円が利益となります。これも両替と同じです。

しかし、差金決済取引の仕組みでは、売買前の1ドル100円の100万円と、決済時の1ドル101円の101万円の「差額1万円だけ現金で受け渡ししましょう」という仕組みになっているのです。

多くの人が外国為替取引ができるようにレバレッジ制度を導入

ただ、「差額だけをやり取りする差金決済」でも、損をしたときに払うための証拠金が必要です。レバレッジが低すぎると、多額の証拠金が必要になり、外国為替取引に参入する個人が少なくなり、為替市場が活性化しない原因にもなります。

つまり、少ない証拠金で個人が参入しやすくなり経済市場を活性化させるためにも、一定の高いレバレッジを設けているのです。

元々国内でもレバレッジ規制はなく、300倍などで取引できるFX業者が多かったのですが、レバレッジのかけすぎで損を出しすぎてしまい生活苦になった人が多いという背景から、金融庁が2011年からレバレッジ規制をかけはじめた。というのが表向きの理由です。

(実際は、アメリカとの関係から日本で富裕層が増えるのが困る理由があるという噂もあります)

 

FX口座に預けたお金は証拠金

証拠金とは、売買損益のやり取りをするためのFX業者に預け入れる担保金です。

先程の「差額1万円だけ現金で受け渡し」の約束だけでは、もし損した場合に相手側は本当にその損失が支払われるか不安になります。そのための証拠金です。

 

FX口座へ入金した資金は、証拠金と言われ、もし取引により損した場合は、その証拠金から損失額を差し引き相手側に払う仕組みになっているわけですね。

 

普通なら自分が注文した取引は、インターバンク市場という金融機関市場へ流れるので、損を支払う、利益を受け取るという概念は薄くなり、ただ自分の口座残高が増減するだけです。

ただし、国内FXの場合は、FX業者のディーラーとの相対取引になりますので、自分が損した額はFX業者の利益に、自分が稼いだ額はFX業者の損失になる仕組みになっています。

インターバンク直結取引のFX業者