今すぐFXをはじめる
一番人気のFXブローカーにて、簡単2分の手続きですぐにFX口座を開設できます。
FX

FX初心者におすすめの通貨ペアと取引してはいけない通貨ペア

稼ぎやすい通貨ペアが知りたい
何の通貨ペアを取引したらよいか分からない

それらの疑問についてお答えします。この記事を読むことで、FX初心者におすすめの通貨ペアと取引してはいけない通貨ペアを理解できるようになります。

 

おすすめの通貨ペア

  • USD/JPY(ドル/円)
  • EUR/USD(ユーロ/ドル)

結論から言うと、「USD/JPY」と「EUR/USD」の2つの通貨ペアがおすすめで、多くの通貨ペアのうちこの2つがFX初心者にとって稼ぎやすいと言えます。

理由については、「ドルストレート通貨」「スプレッドが狭い」「ちょうど良いボラティリティ」と3つの理由があるためです。

ドルストレート通貨

前回の「通貨ペアとは」の記事でご紹介したように、米ドルは世界の基軸通貨であり、米ドル中心に取引されています。

米ドル絡みのドルストレート通貨ペアは、最も流動性が高く為替レートの値動きも読みやすいのが特徴です。

中でもUSD/JPYとEUR/USDは、最も多く取引されており、経済指標発表やアメリカやユーロ圏の要人発言で素直に価格が動く傾向があります。

スプレッドが狭い

USD/JPYとEUR/USDは、世界で最も多く取引されているので、流動性が高くスプレッドが低くなります。流動性の高さのスプレッドの低さは比例します。

あまり取引されていない通貨ペアほど、市場参加者が少ないので売りと買いの差であるスプレッドが広まります。逆に市場参加者が多ければ、その値段で売買したい人も多いため、狭いスプレッドでも注文が通るのです。

国内FXはスプレッドが狭い

国内FX業者は、顧客の注文をインターバンク市場へ流しておらず、FX業者のディーラーと相対取引を行っているだけなので、各社スプレッドは自由に決められ狭くすることが可能になります。

対して、海外FX業者は、顧客の注文はきちんとインターバンク市場へ流し、市場で売買しているので、最低でもインターバンク市場のスプレッド分が発生します。

ちょうど良いボラティリティ

ボラティリティとは、価格変動幅のことです。1日のうちにどのくらいの変動幅があるかでボラティリティが高い、低いが判断されます。

「ボラティリティが高い」で有名なのは、ビットコインですね。1日で数十万円以上の値動きがあります。ということは、1日で数十万円稼ぐこともできれば損することもあるという意味です。

FXでは、英ポンドがボラティリティが高い傾向があります。

 

しかし、ボラティリティが高いということは、ハイリスク・ハイリターンになり、FXのようにレバレッジを使った取引の場合は、一瞬でロスカットで損してしまうリスクの方が高いわけです。

 

その反面、「USD/JPYとEUR/USD」は、ボラティリティが低くも高くもない、ちょうどよいくらいなので、ミドルリスク・ミドルリターンとなり、稼ぎやすいと言えます。

USD/JPYであれば、1日に約0.5円(50pips)前後ほど動きます。もし、1万通貨を取引していたなら、損益は5,000円です。1日に5千円稼ぐか損するかの範囲で収まるわけです。

 

取引してはいけない通貨ペア

  • トルコリラ(TRY)
  • 南アフリカランド(ZAR)
  • メキシコペソ(MXN)
  • その他のマイナー通貨

FXをしていると、「トルコリラ」「南アフリカランド」「メキシコペソ」絡みの通貨ペアを耳にすることもあると思います。これらの通貨ペアはFX初心者は取引しない方が良いでしょう。

定期的にこれらの通貨が話題になるのは、経済政策の影響などにより急激に大きな為替変動があることと、高金利で買っておけば寝ててもお金増えるというイメージが強いためです。

高金利の通貨は、リスクも高い

FXで金利のことは、スワップポイントと言われますが、高いスワップポイント(高金利)狙いで取引すると必ず失敗します。

必ず失敗する理由は、高金利通貨というのは、その国の経済が不安定なことを意味し、信用が著しく低い通貨なので、長期的に下落するためです。

上記チャートは、USD/TRY(ドル/トルコリラ)の5年間チャートです。米ドルに対してトルコリラは下落しているのが見て分かります。

また、定期的に突出して価格が動いていますが、これは経済政策やトルコの要人発言が原因です。FXをしている人は、このタイミングで大損している人が多いのです。

マイナー通貨は市場参加者が少ない

「トルコリラ」「南アフリカランド」「メキシコペソ」の他にも、あまり有名なではない新興国の通貨のマイナー通貨は、やはり損するリスクの方が高くなります。

マイナー通貨やエキゾチック通貨は、世界的にはわざわざその通貨を取引する意味がないので、市場参加者が少なく流動性が低いです。

流動性が低いということは、普段のボラティリティが低くほとんど値動きがない状態で、しかし何かの経済的要因で急激に価格が動くのが特徴です。更に、スプレッドも広いので、取引した瞬間から一瞬で大きな損失になります。

スプレッドが広いと、スプレッド分の損失から含み益まで価格が動くのを待つのは効率が悪いですし、そもそもマイナー通貨はボラティリティがほとんどないので、含み益になるまで数日かかることだってあります。

 

まとめ

  • 「USD/JPY」と「EUR/USD」がおすすめ
  • マイナー通貨ペアは取引しない方が良い
  • スワップポイント(金利)狙いで取引はNG

 

稼ぎやすいおすすめの通貨ペアを「USD/JPY」「EUR/USD」としましたが、慣れてきたらその他のドルストレートで取引しても良いと思います。人それぞれ相性が合う通貨ペアなども異なるので、自分に合った通貨ペアを選ぶことも大切です。

ただし、大きなレバレッジで必要証拠金ぎりぎりの資金で取引してしまうと、ちょっとした価格の変動でロスカットに繋がってしまうので、稼ぐためにはレバレッジコントロールも重要になります。