今すぐFXをはじめる
一番人気のFXブローカーにて、簡単2分の手続きですぐにFX口座を開設できます。
FX

FX 通貨ペアとは

通貨ペアって何?
どんな種類の通貨ペアがあるの?

それらの通貨ペアの疑問についてお答えします。この記事を読むことで通貨ペアの仕組みを理解できるようになります。

 

通貨ペアとは

通貨ペアは、2国間の異なる通貨ペアの組み合わせを言います。よく経済ニュースなどでキャスターが「本日のドル円は~」と言いますが、その「ドル円」が通貨ペアです。

ドルと円など2つの通貨の間は「/」で区切られ、「ドル/円(USD/JPY)」というように表記されます。

 

表記例「USD/JPY」

この表示の順番は決まっており、必ずUSD→JPYの順で表示されます。「JPY/USD(円/ドル)」とは言いません。

理由は、基軸通貨と決済通貨で決まっているからです。

  • 左側の通貨が「基軸通貨」と言われ、右側の通貨に対して支払う通貨を意味します。
  • 右側の通貨は「決済通貨」と言われ、左側の通貨を購入する通貨を意味します。

例えば、「USD/JPY」であれば、ドルで円を買う(または売る)となり、「EUR/USD」であれば、ユーロでドルを買う(または売る)という意味があります。

 

通貨ペアのカテゴリー

通貨ペアは大きく分けて「ドルストレート」と「クロス円」の2種類があります。

ドルストレート

ドルストレートとは、ドルが絡んだ通貨ペアのことです。

「米ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、米ドル/スイス、米ドル/加ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル」などがあります。

世界の基軸通貨は米ドルですから、米ドルを中心として為替レートが動くので、他の通貨ペアに比べて値動きが直接関係してくる分、相場の動きが読みやすいとも言えます。

 

クロス円

クロス円とは、円絡みの通貨ペアのことです。

「ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円」などがあります。

クロス円は、その通貨ペアそのものの価格として為替レートが動いているわけではなく、米ドルを介して、クロス円の価格が決まっています。

 

例えば、EUR/JPY(ユーロ/円)であれば、EUR/USDとUSD/JPYの組み合わせです。EUR/USDが1.1000ドルで、USD/JPYが100円だった場合、「1.1ドル×100円=110円」となり、EUR/JPYは110.00円と価格が決まるのです。

つまり、EUR/JPYを買い注文している場合は、EUR/USDを買いUSD/JPYを売り注文しているのと同じ意味になります。

 

日本人が好きなクロス円

多くの日本人が、クロス円を中心に取引していることが多いですが、米ドルを仲介して価格を表示しているので、実はドルストレートよりも為替の値動きが読みづらいということがあります。

更に、世界的に見れば米ドルを中心に取引されており、クロス円は組み合わされた通貨に過ぎないので見向きもされていません。

そのため、ドルストレートに比べてクロス円のスプレッドは広い傾向があり、クロス円を取引することにそれほどメリットはないのです。

これがFX初心者が陥りやすい罠です。

FX初心者はクロス円を好んで取引する傾向がありますが、為替の値動きが読みづらく稼ぎづらいので、多くの人がFXで損することに繋がっています。

 

まとめ

  • 通貨ペアとは、2国間の通貨の組み合わせ
  • 2つの通貨の間は「/」で区切られる
  • 左側の通貨が「基軸通貨」。右側の通貨に対して支払う通貨を意味します。
  • 右側の通貨は「決済通貨」。左側の通貨を購入する通貨を意味します。
  • ドルストレートとクロス円の2種類のカテゴリーに分けられる
  • クロス円は、米ドルを介した組み合わせ通貨
  • クロス円よりもドルストレートの方が稼ぎやすい

 

いかがでしでしょうか?

クロス円を好んで取引するのは、生活でいつも日本円を手にしているので仕方ないことかと思いますが、FXでは世界全体が市場なので、ほとんど取引されておらず、組み合わせ通貨に過ぎないことから稼ぎづらいということが理解できたかと思います。

次の記事では、「FX初心者におすすめの通貨ペアと取引してはいけない通貨ペア」を紹介します。