今すぐFXをはじめる
一番人気のFXブローカーにて、簡単2分の手続きですぐにFX口座を開設できます。
FX

FX 初心者 資金が少ない人向け

資金が少ない人はFXできないの?
1万円くらいなら投資できるけど、1万円で稼げるもんなの?

結論から言うと1万円以内でもFXができますし、十分稼ぐチャンスもあります。資金が少ない人向けに、どのようにFXで稼ぐのかをお答えしていきます。

 

最低いくらあればFXできるの?

  • 通常は4万円以上〜
  • 特定のFX業者を使うと4千円〜
  • 海外のFX業者なら500円〜

普通の国内FX業者は、4万円以上の資金をFX業者に入金しなければ取引できません。

しかし、最低注文量が1/10のFX業者を使うことで、4千円の資金でもFX取引ができます。

更に、海外のFX業者である「xmtrading」であれば、500円〜の入金で取引が可能になります。

 

少額でどのくらい稼げるのか?

入金額と取引量、損益の比較表

入金額(証拠金) 最大レバレッジ 注文可能量 1円の損益
5千円 25倍 1,000通貨 千円
1万円 25倍 2,000通貨 二千円
5千円 888倍 40,000通貨 4万円
1万円 888倍 80,000通貨 8万円

国内FX業者は、最大レバレッジ25倍、海外FX業者の「XM」は最大レバレッジ888倍です。上の比較表を見て分かる通り、最大レバレッジが大きいほど、同じ取引量でも必要証拠金が少なくて済みますので、1円に対する損益は大きく異ることになります。

 

例えば、1万円を入金して国内FX業者でドル円を最大取引量で売買した場合、1円の差額に対する損益は2,000円ですが、海外FX業者のXMで最大取引量を売買した場合、1円の差額に対する損益は8万円にもなります。

その差、なんと7万8千円です!

 

つまり、少額で取引するのなら海外FX業者のXMで取引した方が、少ない資金で大きな利益を狙えることになるということです。

XM公式サイト

 

資金が少ない人はどんな取引をすれば良いのか

  • なるべくスプレッドが低い通貨ペアを選ぶ
  • 損切り額を決めてルール化する
  • 短時間で取引を完結させる(日をまたがない)

 

なるべくスプレッドが低い通貨ペアを選ぶ

海外のFX業者は、国内FX業者よりもスプレッドが広いです。これは、顧客の注文を直接インターバンク市場へ流し、インターバンク市場のスプレッド分とFX業者側の手数料をマークアップさせているためです。(「NDD方式」という)

海外のFX業者を使うのであればスプレッドが広いのは仕方ないんですが、その中でもスプレッドが低めの通貨ペアを選ぶ工夫が必要です。

スプレッドが低い通貨ペア

  • ドル/円(USD/JPY) 平均1.5 pips
  • ユーロ/ドル(EUR/USD) 平均1.6 pips

以上の2つの通貨ペアです。

 

え?これだけ?

FXに慣れている人なら他の通貨ペアを取引でもOKですが、FXを始めたばかりの人はこの2つの通貨ペアに絞った方が良いです。

なぜなら、新規注文した瞬間にスプレッド分を損するので、評価損益がマイナスで表示スタートされます。FXに慣れていないと、「損している」という赤字のマイナス表示が気になり、取引に集中できないためです。

スプレッドが低い通貨ペアであれば、評価損益も少なくて済みますし、少し為替レートが動けばすぐにプラス表示になるので精神的に余裕が持てます。

 

損切り額を決めてルール化する

限られた資金なので、1回の取引ごとの損切り額が大きすぎると、あっという間にFX口座へ入金したお金が溶けてしまいます。

最大でも入金した資金(証拠金)の10%までという損切りルールにした方が、もし1回の取引で失敗してしまっても、次回以降の取引チャンスがまだあることになります。

 

例えば、1万円入金して損切り額を10%とした場合は1,000円です。1回の損失は1,000円と限定されるので、最初の取引で損失を出してしまっても、残り9回の取引ができることになります。

これを、1万円の入金に対して1回の損切り額を5,000円としてしまった場合は、最初に損を出してしまった場合、残り1回しか取引チャンスがないことになってしまいます。

 

損切り額は小さく、利益は大きくすることが基本です。

損切り10%なら利確は10%以上、損切り5%なら利確は5%以上と、利確よりも損切り額が上回らないことが大切です。

 

短時間で取引を完結させる(日をまたがない)

少ない資金は、リスクに晒す時間が短い方が良いです。

新規注文して時間が経過するということは、リスクに晒される時間も比例して長くなるということです。なるべく短時間で売買を完結させる方が損するリスクを減らせます。

ただし、海外FX業者の場合は、スプレッドが広く、数分で取引を完結させるスキャルピング向きの取引はできないので、数十分から数時間で取引を完結させるデイトレスタイルの方が良いでしょう。

ちなみに資金が少ない人向けの取引手法は、別記事で紹介している内容が参考になると思います。

 

まとめ

  • 1万円からFXを始めることができる
  • 海外FX業者のXMで取引した方が投資効率が良い
  • ドル/円、ユーロ/ドルの2つの通貨ペアに絞って取引する
  • 1回の損切り額は資金の最大10%までと決める
  • 数十分から数時間で取引を完結させるデイトレが向いている

いかがでしたでしょうか?

FX初心者で資金が少ない人でも、FXで取引して稼ぐことができることが理解できたと思います。これが株取引だと資金は最低でも30万円くらい必要ですし、2,000銘柄以上ある株から優良な物を選び投資するのも大変です。

FXは特別な知識がなくても、気軽に取引できるのも利点です。

XM公式サイト