今すぐFXをはじめる
一番人気のFXブローカーにて、簡単2分の手続きですぐにFX口座を開設できます。

FXの始め方

FXやってみたいけど仕組みが分からない
FXって借金になるんでしょ?

FXについて全く何も知らない人のために、これらの悩みや疑問についてお答えします。

ちなみに「FX」は、外国為替証拠金取引と言い、日本円や米ドルなどを売買して差益を得る金融商品です。

他のブログやサイトでも同じような内容を説明していますが、「外国為替証拠金取引?ナニソレ?」って人は「FXは異なる通貨を取引して為替レートの差で差益を狙う」くらいの理解でOKです。

 

FXを始めるための3つの準備

  1. FXを始めるための資金
  2. FX取引をするための口座
  3. FXの基礎知識

以上のたった3つの準備だけ済ませてしまえば、すぐにFXを始めることができます。

それでは、一つずつ解説していきますね。

 

1. FXを始めるための資金

お金を持つ男性

FXは、金融商品ですから、投資金がないと始められません。

練習用にバーチャルのお金で取引できる無料の口座(「デモ口座」という)を用意しているFXブローカーもありますが、本物のお金を稼ぎたいのであれば、投資金の準備が必要です。

 

投資金はいくら必要?

 

数十万円ないとできないんじゃないの?

 

FXを初めてやる人の多くは、「5万円」を準備していることが最も多いです。

FXは、最低取引単位が各FX業者ごとに決められていて、国内FX業者の場合は1万通貨(1ロット)が一般的です。それらの最低取引単位の1万通貨を売買するのに、最低でも4~5万円が必要になることが5万円必要な理由です。(「必要証拠金」と言う)

通貨単位とは?

例えば、USD/JPYの為替レートが1ドル=100円だった場合、100円で1ドル買うのであれば、1通貨となります。1,000円で10ドル売買なら10通貨、1万円で100ドル売買なら100通貨という意味です。

 

2. FX取引をするための口座

FX口座でトレード

 

FXはどこでできるの?

 

FX業者に自分の口座を作ることで取引できるようになります。

「FX業者 比較」や「FX業者 おすすめ」でGoogle検索すると分かりますが、どのサイトでも同じようなFX業者が紹介されています。

ぶっちゃけてしまうと、FX初心者の方であれば、どこのFX業者で口座を開設しても同じですし、どこでも良いというのが結論です。

 

各FX業者、ここが良いここが悪いなどメリット・デメリットありますが、FX初心者にしてみれば、メリット・デメリット言われたところで何がなんだか分からないですし、国内FX業者であれば、取引ツールが各社異なるくらいで提供サービスはほとんど変わりありません。

 

「何を基準にFX業者を決めるべきか?」というのであれば、「自分が使いやすいと思うか使いやすくないと思うか」で決めれば良いです。

FX業者の口座は、口座開設だけなら無料で作れますし、口座維持費もかかりませんので、色々作ってみて自分に合うFX業者にすれば良いでしょう。

 

おすすめのFX業者

 

いろんなFX業者で口座作るのも面倒くさいし、手っ取り早く良さそうなFX業者教えて!

 

それであれば、国内FX業者より海外FX業者の方をおすすめします。

国内FX業者より海外FX業者の方が良い理由としては、下記3つ挙げられます。

  1. 最大レバレッジ規制なし
  2. 追証なし
  3. 取引ツールのMT4が使える

「最大レバレッジ?」「追証?」「MT4?」。

FXが初めての人は、よく分かんないと思いますが、これらを分かりやすく言うと「少ない投資金で大きな通貨量の取引が可能で、しかも借金にならず、国内FX業者よりも多くの分析ツールが使える」と理解してもらえればOKです。

 

え!?じゃぁ国内FXは借金になることあるの?

 

残念ながら、国内FX業者は「追証(おいしょう)」という仕組みが法的に決まっているため、損失が広がり自動決済システムが稼働できないような為替相場になった時には、大きな借金になる可能性があります。(この辺の仕組みについては、別記事で説明します)

 

「借金にならない!」だけでも、国内FXよりも海外FXの方がメリットが大きいことは理解できたと思いますが、海外FXに関してはどの業者でも良いというわけではありません。

海外に法人拠点があるFX業者なので、中には出金できない!なんていう詐欺業者もあるので、見極めが必要です。

 

一番人気の海外FX業者

XMのロゴ

全世界で100万人以上のユーザーがいる人気の海外FX業者は「xmtrading」です。略してXMですが、FXについてインターネットで調べたことがあるなら聞き覚えがあるかもしれません。

XM(XMTrading)は、それほど有名で日本人ユーザーからも「FX取引のしやすさ」「入出金の使いやすさ」「ボーナスの豊富さ」「サポートの良さ」などから評価が高い海外FX業者です。

 

3. FXの基礎知識

分析する人

FXの基礎知識とは、どのように売買して損益になるかの仕組みや取引ツールの使い方などの基本的な知識です。

ただし、FXを始める前に全部のFX基礎知識を覚える必要はありません。FX口座を開設して、取引しながら分からないことをその都度Googleで検索した方が、覚える効率が良く早いです。

 

FX売買の簡単な仕組み

 

でも、売買の仕組みがよく分からないんだけど

 

FXの売買の仕組みは、難しく考える必要はありません。

下のチャート例のように、これから先「上昇するのか、下落するのか」を予想し売買するだけです。

  • 上昇すると思えば、買い注文。
  • 下落すると思えば、売り注文。

あとは、取引量を決めて注文するだけです。

 

差益の仕組み

例えば、ドル円の為替レートが100円の時に1万通貨(1ロット)分を買い注文したとします。その後、ドル円の為替レートは予想通り上昇し101円になり、この時に決済します。

ドル円100円で1万通貨買い → ドル円101円で1万通貨決済

この場合の計算式は下記の通り。

決済したときの金額 ー 注文したときの金額 = 損益

101万円(101円×1万通貨) - 100万円(100円×1万通貨) = 1万円

となり、1万円の差益が稼げることになります。

分かりやすいように計算例を紹介しましたが、実際の取引では損益は取引ツールが自動的にリアルタイムで表示しているので、自分で計算する必要はないので心配いりません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

FXを始めるためには、以上3つの準備をするだけです。全くFXのことが分からない人でも、これらの3つの事項は1日あれば完了します。

無料でFXをはじめる